文献を取り寄せる ILLサービス

【申込できる人】名古屋大学に所属している学生・教職員の方(名古屋大学構成員の方)

 

探している資料が同じキャンパスの図書館・室にない場合、
他の図書館から【1】文献の複写物もしくは【2】図書の現物を、取り寄せできます。

 

取り寄せできる図書館は、学内の他キャンパス、国内の大学図書館、公共図書館、国立国会図書館及び、海外の図書館です。

 

取寄せ費用について申込者負担が原則ですが、名古屋大学では、教育、研究、学習に必要な資料の入手をサポートするために、費用の一部を図書館で負担しています。(国内NII参加館からの取寄せ分など)

 

 ※ご相談は、お近くの図書館・図書室へお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 お問合せ 

Page TOP

 

申込と利用の流れ

  • 名古屋大学館蔵書検索(OPAC)で、名古屋大学内の所蔵を確認してください。
    同じキャンパスの図書館・室にある資料は、原則的に直接訪問してご利用ください。

 

  • 1. で所蔵がない場合または電子ジャーナルの利用ができない場合に申込を行ってください。
    申込方法は、次の3種類があります。(名古屋大学IDとパスワードが必要です。)

→ 図書館のWebサービスにログインできないとき

 

① OPAC利用者サービスメニュー ⇒ 複写申込 もしくは 貸借申込


② OPACOPACから資料を検索 ⇒ 資料名をクリック 
  ⇒ [書誌詳細] 画面の右側に表示される [他機関から取り寄せる] の
  [ILL複写依頼(コピー取り寄せ)] もしくは [ILL貸借依頼(現物借用)]


③ 文献データベースの検索結果に表示された NULink をクリック
  ⇒ [文献複写依頼を申し込む] ⇒ [ILL複写依頼(コピー取り寄せ)]

 

  • 取寄せ資料の情報(図書や雑誌の情報、記事名、掲載箇所、複写範囲など)は、可能な限り詳細に記載してください。
    情報が不十分な場合、キャンセルになる場合やメールまたは電話にて問合せする場合があります。
  • キャンセルの場合も、メールまたは電話で連絡いたします。
  • 文献取寄せの申込・受取窓口は、所属学部等の図書館(室)または中央図書館ですが、予算や取寄せ先によって一方に限定される場合があります。

→ 所属図書館(室)の一覧

 

資料が届きましたら、ご記入いただいた連絡先に連絡いたします。

 

資料を確認・受け取りをお願いします。
費用の支払いや返却期限(図書の現物を取り寄せた場合)についても確認してください。

 

図書の現物を取り寄せた場合は、返却期限までに、資料を受け取ったカウンターに返却ください。

 

Page TOP

 

文献の複写物(コピー)

著作権法の範囲内で、雑誌論文や図書の複写物の取寄せができます。
著作権の範囲内とは、以下の通りです

  • 公表された著作物の一部分(少なくとも全体の半分を超えない範囲)の複写であること
  • 定期刊行物に掲載された各論文その他の記事は全体の複写も可能。
    ただし、刊行後相当の期間を経ていること(次号が刊行されているもの、または刊行後3か月を経たものなど)
  • 複写部数は1人につき1部のみであること
  • 個人の調査・研究目的であること
  • 有償・無償を問わず、再複製したり頒布したりしないこと

→ 図書の現物(貸借)の場合

 

申込内容に応じて、図書館員が①、②a、②b、③の順に依頼先を選択します。

 

次の場合は、必ず申込フォームのコメント欄へご記入ください。

  • 料金負担がない場合のみ取り寄せしたいときは、申込フォームのコメント欄に「有料なら不要」とご記入ください。
    ただし国内に所蔵がある(②bあり)場合に、海外から取り寄せる(③)ことはできません。

 

取り寄せ先
(所蔵館)
取り寄せに関する費用負担 取り寄せ所要
時間の目安
「受取館」にできる
図書館・図書室
① 学内
 (他キャンパスなど、
  遠方図書館・室)
利用者負担なし 3日前後 所属図書館(室)・
中央館
(※1)
② 学外(国内) a) 利用者負担なし(名古屋大学が負担) 7~10日
b) 利用者が負担 35円~100円/枚+送料 7~30日
③ 学外(海外) a) 利用者負担なし(名古屋大学が負担) 7日~数か月

※1 海外取寄せについて取り扱いのない図書室もありますので、その際は中央館にお申し込みください。

 

 

学内の他キャンパスなど、遠方図書館・室から取寄せを行います。

 

日本国内外の他機関(他大学・公共図書館・その他機関)から、取寄せを行います。

 

取寄せに係る費用を名古屋大学が負担します。

海外からの取寄せに関して費用が高額になる場合や件数が多い場合は、ご相談させていただくことがあります。

 

取り寄せに係る費用が利用者負担となります。おもに振込用紙による振込です。
ご負担いただく金額については、取寄せた資料が届いてからお知らせします。

 

 

 

ご自分の所管する経費(一般財源・外部資金)で負担する場合(コピー)

この方法でお申込みいただいても、名古屋大学附属図書館で経費負担できる場合は請求いたしません。

 

費用の支払い方法 申込フォームの
「支払い区分」
「受取館」にできる
図書館・図書室
c) 図書館(室)で支払処理 校費 所属図書館(室)
d) 利用者が経理に立替払請求 私費 所属図書館(室)・中央館

 

図書館で見積・納品・請求書を取り寄せて支払処理します。発注票の作成は不要です。
予算の情報をお聞きしますので、必ずご回答ください。

 

申込フォームで「校費」を選択してください。
一般財源(授業料・運営費交付金など)ではなく 外部資金(科研費等)を使用する場合も同様です。

 

初めてご自分の経費を使用して申し込む際は、所属図書館(室)にお問い合わせください。
申込フォームで「校費」を選択できるようにします。
お急ぎの場合は、申込フォームのコメント欄に「ご自分の経費使用」の旨を記入の上、お申し込みください。

 

私費の場合と同じように振込用紙による振込です。利用者ご自身で経理に立替払請求をしてください。

申込フォームで「私費」を選択してください。

 

Page TOP

 

図書の現物(貸借)

図書館を通じて、他の図書館の図書を借りることができます。
取り寄せに関する注意事項は、以下の通りです。

  • 雑誌の借用はできません。
  • 借用した資料の利用における著作権上の責任は申込者が負います。
  • 利用に際しては取寄せ先(所蔵館)の指示に従っていただきます。
    • 取寄せ先の規則や資料の状態により、借りられない資料もあります。
      また、取寄せ先からの指定により、館内利用のみになる場合があります。
    • 国立国会図書館から借りた場合は、館外貸し出しができず、借りた資料のコピーもできません。

→ 文献の複写物(コピー)の場合

 

申込内容に応じて、図書館員が①、②a、②b、③の順に依頼先を選択します。

 

次の場合は、必ず申込フォームのコメント欄へご記入ください。

  • 愛知県図書館便(県図便 けんとびん ②c)をご希望の場合は、
    「近隣公共図書館からの取寄せ」もしくは「県図便」とご記入ください。
  • 「館外貸出ができないなら取寄せたくない」という希望がある場合は、「館外貸出希望」とご記入ください。
  • 図書館・図書室に伝えたいことがある場合は、ご記入ください。(例:出典、他大学の特殊資料であること)

 

取り寄せ先
(所蔵館)
取り寄せに関する費用負担 取り寄せ所要
時間の目安
「受取館」にできる
図書館・図書室
① 学内
(他キャンパスなど、
  遠方図書館・室)
利用者負担なし 3日前後
(※2)
所属図書館(室)・
中央館
② 学外(国内) a) 取寄せ費用の一部を
 名古屋大学が負担
返送料(※3)のみ
 利用者が負担
7~10日
b) 全額利用者が負担 往復分の送料を
 利用者が負担
7~30日
c) 利用者負担なし(愛知県図書館便)
(※4)
2~3週間 中央館
③ 学外(海外) a) 取寄せ費用の一部を
 名古屋大学が負担
返送料(※5)のみ
 利用者が負担
2週間
 ~数か月
所属図書館(室)・
中央館
(※1)

※1 海外取寄せについて取り扱いのない図書室もありますので、その際は中央館にお申し込みください。

※2 研究室貸出中の場合は研究室での利用が優先されます。
     取り寄せに時間がかかったり、取り寄せができずに学外からの取寄せ(利用者負担あり)になることがあります。

※3 目安として、片道500円~1,000円/文献
※4 図書館間の貸出、返却にかかる費用は、名古屋大学と公共図書館で負担しています。
     返却期限を超過した場合、相手館へ直接返送する費用をお支払いいただくことがあります。
※5 目安として、片道2,000円~5,000円/文献。8,000円、10,000と高額になった場合あり。

 

 

学内の他キャンパスなど、遠方図書館・室から取寄せを行います。

 

日本国内外の他機関(他大学・公共図書館・その他機関)から、取寄せを行います。
ご負担いただく金額については、取寄せた資料が届いてからお知らせします。
資料をご利用いただいたのち、カウンターにご返却いただく際に切手でお持ちください。

 

取寄せに係る費用負担は、私費(立替払を含む)となりますが、名古屋大学が費用の一部を負担します。

 

取寄せに係る費用負担は、私費(立替払を含む)となります。
取寄せ対象機関が、国内NII相殺制度に参加していない場合は、利用者本人の全額負担となります。

 

愛知県内と近県の公共図書館の図書を、無料で名古屋大学中央図書館に取寄せて借りることができます。

大学図書館で収集していない、一般図書、児童書、地域に関連する資料等も借りることができます。

>申込フォームのコメント欄に「近隣公共図書館からの取寄せ」もしくは「県図便希望」の旨、必ずご記入ください。

→ 近隣公共図書館からの取寄せ(愛知県立図書館便)について

 

 

 

ご自分の所管する経費(一般財源・外部資金)で負担する場合(貸借)

支払い方法は、経費によって異なります。

目安金額は私費の場合とほぼ同じです。
学内から取り寄せた場合(①)と近隣の公共図書館から取り寄せた場合(②c)は、利用者の費用負担がありません。

 

取り寄せに関する費用負担 申込フォームの
「支払い区分」
「受取館」にできる
図書館・図書室
d) 一般財源(授業料・運営費交付金など)で負担 校費 所属図書館(室)
e) 外部資金で負担 私費 所属図書館(室)・中央館
(※1)

※1 海外取寄せについて取り扱いのない図書室もありますので、その際は中央館にお申し込みください。

 

ご負担方法はご所属によって違います。初めて一般財源(授業料・運営費交付金など)を使用して申し込む際は、所属図書館(室)にお問い合わせください。申込フォームで「校費」を選択できるようにします。お急ぎの場合は、申込フォームのコメント欄に「一般財源(授業料・運営費交付金など)使用」の旨を記入の上、お申し込みください。

 

私費の場合と同じように切手をお持ちいただきます。利用者ご自身で経理に立替払請求をしてください。

 

Page TOP

 

愛知県図書館便での取寄せ(近隣の公共図書館から借りる)について

愛知県内と近県の公共図書館の図書を、名古屋大学中央図書館に取寄せて借りることができます。

大学図書館で収集していない、一般図書、児童書、地域に関連する資料等も借りることができます。

 

利用者の費用負担はありません。

 

ただし、下記の制約があります。

  • 愛知県内横断検索:愛蔵くん」で近隣公共図書館に所蔵していることを確認してからお申込みください。
  • 必ず申込フォームのコメント欄に「近隣公共図書館からの取寄せ」もしくは「県図便希望」とご記入ください。
  • 貸借依頼のみ対応可能です。複写の取り扱いはありません。
  • 毎週1回の定期便のため、資料の到着までに2週間以上かかります。
  • 近隣図書館に所蔵がない場合、また刊行6か月以内の新刊図書の場合は、キャンセルとなります。
  • 公共図書館の資料は地域の方の利用が優先であるため、新刊書(発行されて半年〜一年未満のもの)、人気の高い資料(特に文芸書)、DVD等のAV資料他、各図書館の規則により制限のある資料(参考図書、郷土資料、貴重図書、破損のある資料)等、一部の資料は取寄せできない場合があります。

 

※ 愛知県図書館便(県図便)とは、名古屋大学中央図書館と愛知県図書館との間で、毎週1回、資料の貸し借りを行うために運行されている定期便です。

※ 取り寄せ対象
  愛知県図書館、名古屋市図書館、愛知県内の公共図書館
  岐阜・三重・石川・富山・福井の一部の公共図書館

  (該当地域の大学図書館からの取寄せは定期便(無料)の対象ではありません。)

 

Page TOP

 

進捗状況等の確認

進捗状況等の確認

  • OPACの「利用者サービス」から進捗状況の確認ができます
  • 複写依頼一覧/貸借依頼一覧
    • 書誌事項をクリックすると、依頼内容の詳細を確認することができます。
    • 一覧のチェックボックスにチェックを入れて、画面下部のボタンをクリックすると、依頼の取消、一覧からの削除または文献管理ツールへのダウンロードができます。
  • 複写依頼詳細/貸借依頼詳細
    • 画面下部のボタンをクリックすると、表示している依頼の取消または文献管理ツールへのダウンロードができます。
  • 注意事項
    • 依頼を取り消せるのは、状態が「申込中」のときに限ります。
    • 依頼一覧から削除できるのは、状態が「謝絶」「取消」「受渡済」「返却済」のときに限ります。

 

状態の見方

  • 申込中:申込を受け付けました。この状態の間はOPACの「利用者サービス」から依頼を取り消すことができます。
  • 調査中:処理を開始しました。依頼を取り消したい場合は、申込館へご相談ください。
  • 到着待:コピーや図書が発送されました。依頼を取り消すことはできません。
  • 取 消:申込を取り消しました。
  • 謝 絶:申込がキャンセルされました。依頼詳細の「図書館からの通知」欄で理由をご確認ください。
  • 受取可:コピーが届きました。申込館で受取可能です。
  • 受渡済:コピーを受渡しました。
  • 借用可:図書が届きました。申込館で受取可能です。
  • 貸出中:図書を借用中です。返却期限日までに申込館へ返却してください。
  • 返却済:図書が返却されました。

 

Page TOP

 

お問い合わせ

中央図書館 参考調査・相互利用カウンター

対応時間:平日(土・日・祝日・休館日を除く):8:30-17:00

担当:調査支援係 Tel:052-789-3682 / 3683

Email: sogo★nul.nagoya-u.ac.jp (★を@に変えて送信してください)

 

所属図書館(室)一覧 (ILL申込み先一覧)

  https://www.nul.nagoya-u.ac.jp/guide/ILLplace.html

 

Page TOP